難易度が高い資格|行政書士の資格を独学で取得するために必要な準備

女性

保育園や福祉施設で働く

男女

無試験で資格を取得

保育士になるためには国家試験に合格する必要がありますが、厚生労働大臣の指定した養成機関を卒業すれば、無試験で資格を取得できます。養成機関には専門課程のある大学・短大や専門学校が含まれます。専門学校には2年制と3年制があり、即戦力として活躍するための技術を身につけられるのが特徴です。将来の進路がはっきりと決まっているなら、こうした学校に入るのが最も確実で効率的でしょう。ただし学費は安くても200〜300万円ほどかかり、卒業までは勉強に専念する必要があります。保育士国家試験には筆記9科目と実技2科目があり、合格率は10〜20%程度という難関です。ただし一度で全科目に合格する必要はなく、合格した科目は3年間試験を免除されます。

社会人でも取得できる

保育に関係のない大学や短大を卒業または中退した場合でも、62単位以上を取得していれば、実務経験なしで保育士国家試験を受験できます。高校卒で保育士試験を受験するには、2年以上2880時間以上の実務経験が必要です。また中学校卒では5年以上7200時間以上の実務経験がないと、受験資格を得られません。ただし高卒の方は、卒業年度によっては実務経験が不要な場合もあります。国家試験を受けて保育士を目指すメリットは、何と言っても学費が少なくて済むことでしょう。独学では難しいなら、通信講座を利用する方法もあります。学校に通う時間がない社会人や主婦でも資格を取得できるので、諦めずにチャレンジしてみると良いでしょう。

Copyright © 2017 難易度が高い資格|行政書士の資格を独学で取得するために必要な準備 All Rights Reserved.